ハートフルフォーラム2017in伊万里を開催します

Home » 41佐賀県 » 2058伊万里市 » ハートフルフォーラム2017in伊万里を開催します
2058伊万里市, 41佐賀県 コメントはまだありません



(2017年11月1日更新)

”伊万里学園 敬徳高等学校生徒が提案する人権イベント”

ハートフルフォーラム2017in伊万里 ~だれもが自分らしく輝く社会を目指して~

 伊万里市では、高校生と人権擁護機関等が主体となり、「ハートフルフォーラム」を毎年開催しています。
 今年は、伊万里学園 敬徳高校生徒が中心となって、下記のとおり開催します。紙芝居やコンサート、パネル展などもあり、分かりやすく親しみやすい人権啓発イベントとなっていますので、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください♪
ハートフルフォーラムチラシ
ハートフルフォーラムチラシ.pdf(573KB)

日時

平成29年12月1日(金)
 開場     12時30分
 オープニング 12時55分
 開会     13時00分

会場

伊万里市民会館(伊万里市松島町73番地)

内容

オープニングDVD上映

 制作:敬徳高校生徒会

人権に関する意見発表

 出演:敬徳高校生徒

デートDV防止啓発紙芝居の上演

 「これって愛?~気付こうデートDV~」

  
(伊万里市男女協働参画懇話会「いまりプラザ」と敬徳高校生徒による共同制作)

 上演:敬徳高校生徒

人権講演

 演題:おかえり
 講師:池田 尚さん(長崎県諫早市 こどもの城館長)

【プロフィール】

 1961年、福岡県生まれ。広島大学卒業後、地元の教育委員会で指導員を務めながら「青年によるまちづくりボランティアサークル」を立ち上げる。中学校講師を経て国立諫早少年自然の家専門職員として転勤。その後も国の総務庁や文部科学省など青少年育成に関わるさまざまな部署で活躍される。平成19年度からこどもの城準備室に携わり、平成21年3月より現職に至る。諫早市内はもとより長崎県内外でも、いじめ問題や子育てについて多くの講演やワークショップで熱弁をふるう。

人権コンサート

 タイトル:歌が繋ぐ命の物語

 出演:野田 かつひこ さん(シンガーソングライター)

【プロフィール】

 福岡県生まれ。国内外でのライブ活動を経て、吉本興業福岡音楽部門(現よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡事務所)より九州初のミュージシャンとしてCDデビュー。コンサート活動を中心に、劇音楽の制作やラジオ番組、随筆活動と幅広く活動しているアーティスト。2005年には福岡西方沖地震で被災した玄界島の応援歌「僕のふるさと玄界島」を作り復興を支援、2007年からは難病と闘うファンとの出逢いから命をテーマにしたコンサートを各地で毎年開催している。

 2009年、伊万里市立立花小学校6年1組の児童と「命のつながり~ever Lasting life~」を共作。

 

入場無料

託児あり(11月22日までにお申込みください)

手話通訳、要約筆記あり

第69回 人権週間

 

 12月4日から10日は人権週間です。

 人権とは「人が人らしく幸せに生きていくために社会によって認められている権利」であり、誰もが生まれながらに持っている、誰からも侵させることのない基本的権利です。

 人権問題に関心を持ち、正しく知ることが大切です。この機会にみなさんも考えてみませんか。

平成29年度 啓発活動重点目標

 ~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~

 ・女性の人権を守ろう
 ・子どもの人権を守ろう
 ・高齢者の人権を守ろう
 ・障害を理由とする偏見や差別をなくそう
 ・同和問題に関する偏見や差別をなくそう
 ・アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう
 ・外国人の人権を尊重しよう
 ・HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
 ・刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
 ・犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
 ・インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
 ・北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
 ・ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
 ・性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
 ・性自認を理由とする偏見や差別をなくそう
 ・人身取引をなくそう
 ・東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう



Related Post



LEAVE A COMMENT