市内高校生の「農業観」アンケート調査結果をお知らせします

Home » 42長崎県 » 205大村市 » 市内高校生の「農業観」アンケート調査結果をお知らせします
205大村市, 42長崎県 コメントはまだありません



更新日:2018年2月14日

大村市での新規就農

大村市では新規就農希望者をサポートしています。大村市で農業を始めたい人は、農林水産振興課までお問い合わせください。就農までの過程、支援制度などの疑問にお答えします。

大村市の農業の概要

大村市の農業は、東は多良岳県立公園、西は大村湾を望む自然豊かな大地のもとで、多彩な農産物を生産し、県内有数の産地を形成しています。本市の農地は地形的に大きく分けると、平坦地と丘陵地に分けられます。平坦地は、肥沃な黒土で黒田五寸人参などの露地野菜や、トマトなどの施設野菜などの畑作地帯となっています。丘陵地は、農業振興地域として、花きや果樹などのほか、畜産地帯となっています。

近年、農業を職業として選択し、新たに大村市農業の担い手として就農する若者も増えてきていますが、まだまだ不足しているのが現状です。高校生が「農業」に対してどんなイメージを持っているのか、また「農業」を職業として選択するために、どのような支援策を必要と思っているのかなどの率直な意見を調査し、今後の大村市農業の担い手確保・育成の施策に反映させることをねらいとしています。

市内高校生の「農業観」アンケート調査

大村市の新規就農者支援策

本市では新規就農者に対して、「就農に向けて」「就農してから」「経営安定してから」の3段階において、さまざまな支援を実施しています。

新規就農者支援策PRバナー

おおむらNewFarmerカレンダー2018

2018年1月30日にカレンダー出演者と大村市長との意見交換会が開催されました。出演者の皆さんからは、将来の目標や大村の農業に関する意見を熱く語っていただき、活発な意見交換がなされました。

意見交換会集合記念写真

  • おおむらNewFarmerカレンダー2018

おおむらNewFarmerカレンダー2018の表紙表紙(PDF:16,013KB)

1月(PDF:6,463KB)

2月(PDF:7,480KB)

3月(PDF:8,482KB)

4月(PDF:8,358KB)

5月(PDF:6,997KB)

6月(PDF:4,977KB)

7月(PDF:5,899KB)

8月(PDF:7,851KB)

9月(PDF:6,588KB)

10月(PDF:6,671KB)

11月(PDF:6,458KB)

12月(PDF:8,439KB)



Related Post



LEAVE A COMMENT