学び舎の歴史とあゆみvol.2~西海市立 亀岳小学校

Home » 42長崎県 » 212西海市 » 学び舎の歴史とあゆみvol.2~西海市立 亀岳小学校
212西海市, 42長崎県 コメントはまだありません



 

西海市西彼町で創立144年の歴史をもつ

「西海市立 亀岳小学校」。

  

今年4月、近くの白似田小学校と統合し

「ときわ台小学校」として新たに歩みはじめます。

    

今回は、元気いっぱいな亀岳小の子どもたちをご紹介!

ときわ台小のスタートに向け、着々と準備が進む校舎にお邪魔しました。

 

校内を案内していただいたのは、校長の山脇 比富美先生。

上五島のご出身で、五島市内や崎戸小、白似田小での勤務を経て

昨年春から赴任されました。

亀岳小の児童は現在151名。

――どんなお子さんたちですか?

「素直で元気!スポーツ好きな子が多いですね。

  昨年、『亀岳小年ソフトボール』は市内合同のチーム

  『亀岳ベアーズ』として全国準優勝の成績を修めました。」

広報さいかい2017年10月号より

寒さなんてへっちゃら!の子どもたち。

休み時間には校庭に出て、フリスビーやなわ跳びなど

元気いっぱい遊びます!!

  

■子どもたちを見守る「せんだんの木」

校庭の中でひときわ目を引くのは、

亀岳小のシンボルツリー「せんだんの木」です。

 

太い幹には大きな修復の跡も。何十年もの間、子どもたちをこの校庭から見守ってきたのですね。

この木をストーリーにして歌った

「わたしたちのたからもの~せんだんの木の歌」は、

様々な場面で子どもたちに歌い継がれ、親しまれています。

また、保護者や地域の大人たちは「せんだんの会」として

子どもたちのサポート、学校づくりに参加。(学校運営委員会)

“地域に開かれた学校運営” が特徴の亀岳小では、

地域のお祭りや夏休み中の体験講座など

子どもたちが学校以外でも多くの大人に見守られ、成長していきます。

 

校内をまわって、3時間目の授業を見学してみましょう♪

  

1年生:図工 コロコロ転がる動くおもちゃの工作。

2年生:算数 「長さ」について勉強中。

3年生:体育 7段の跳び箱もひょいっとクリア!

4年生:道徳 登場人物の気持ちになってみよう。

  

5年生:音楽 「スキーの歌」をパート別に練習♪

6年生:集中!算数のテスト中でした。

 

■144年の歴史に感謝を…「亀岳小学校 閉校式・お別れ会」

 

●日時:2018 34日(日)

      9時~  閉校式

  10時30分~  閉校記念式典

●場所:亀岳小学校体育館

ときわ台小として生まれ変わる春を前に、亀岳小の校舎は

これまで大幅な修復工事を行ってきました。

 

床や壁も真新しく、明るいカラーに一新!

白似田小や新1年生など、子どもたちを迎える準備は万端です。

「校舎としては“迎え入れる”形ですが、

  先生方、子どもたちと一緒にイチから新しい『ときわ台小』を

  つくり上げて行きたいと思っています。

山脇校長先生の言葉が印象的でした。

 

 

校名の由来となった、校舎の目の前にそびえる「常盤(ときわ)山」。

「常盤」とは「永久不変」という意味もあります。

ここでたくさんのことを学び成長した子どもたちが、

「いつまでも変わらず」素直な心を持ち続けるように。

「ときわ台小学校」にもぜひお邪魔させてくださいね!



Related Post



LEAVE A COMMENT