5/2~5「第20回 雪浦ウィーク」~ゲストハウス森田屋に初潜入♪

Home » 42長崎県 » 212西海市 » 5/2~5「第20回 雪浦ウィーク」~ゲストハウス森田屋に初潜入♪
212西海市, 42長崎県 コメントはまだありません



毎年ゴールデンウィークに開催され、

まちをゆったりお散歩する多くの人でにぎわう「雪浦ウィーク」。

今年はなんと20周年!

新たなお店も加わって、今からとっても楽しみですよね♪

●開催日:52日(水)~ 5日(土) 

★詳しくは「ゆきのうら.net」へ http://yukinoura.net

 

今年のキャッチコピーは

 「おかげさま ゆっくり続いて20回」

おもてなしする側、訪れる側、それぞれがゆったりと楽しみ

温かな交流が続いてこそ迎えた20回。

「おかげさま」という言葉に、雪浦の方たちの思いが込められた

キャッチコピーです。

  

なんといっても!注目は

雪浦初の「ゲストハウス 森田屋」のオープン。

雪浦には、農家民宿をしているお宅は数件あるものの

宿泊施設はありませんでした。

市内・市外から多くの人が訪れる「雪浦ウィーク」をはじめ、

夏の海水浴や「つがね落としの滝」といったレジャーなど

年間を通してゆっくり訪れることができるスポットとして期待できます。

どんなお部屋に泊まれるのか?…気になりますよね。

ひと足お先に見学させていただきました! 

案内役をお願いしたのは、1月から着任した

雪浦の地域おこし協力隊 渡辺 朝子(ともこ)さんです。

 

渡辺さん着任の記事は→こちら

 

この3ヶ月間、空き家から森田屋へと工事するための

準備・片付け、「雪浦ウィーク」MAP作りなどに携わってきた朝子さん。

「地域みんなの思いがこもったイベントに、

  とてもやりがいを感じています。」と話してくれました。

 

■雪浦村の元村長宅をリノベーション!地域交流の場へ

 

ゲストハウス森田屋は、空き家となっていた民家を改修。

改修費の一部はクラウドファンディングを募り、

目標の100万円を達成しました。

 

では、お邪魔しまーす♪

  

「入ってすぐは、靴のまま過ごせる土間になっています。

  テーブルとイスを置いて、無料で薬草茶などを楽しめる

  地域交流の場』にしたいと思っています。」

地元の人々がおやつを持ち寄り、お茶やおしゃべりを

ゆったり楽しめる場に…とってもステキですね

 

1階のカウンターは、コーヒーなど有料のドリンク

 楽しんでいただけるカフェです。」

カウンター越しに朝子さんとのおしゃべりも楽しめます。

奥の部屋にある立派な床の間や欄間(らんま)などは、元の民家のまま。

日本家屋の素晴しさが残されているんですね。

 

「宿泊者の方がくつろぐ広間です。

  ここを舞台に見立てて、楽器が得意な雪浦のメンバーによる

  演奏会などもできたら…と考えています。」

 

1階には大きめの浴槽があるお風呂、他にシャワールームが1つあります。洗面台も広々3つ! 

 

宿泊スペースの2階も見てみましょう!

 

「2階は約20名が泊まれるスペース。

  24人向けの個室が1つ、あとは旅行者どうしで

  相部屋となるドミトリー形式です。」

 

2階の窓は東向き、朝には山の向こうからキラキラの朝陽が差し込みます。目の前は雪浦川。 

ゲストハウス森田屋での宿泊は、

52()の 雪浦ウィーク1日目からスタート。

すでに数組の予約が入っているそうですよ。

◆宿泊料金:・個室(24) 18,000

       ・ドミトリー   12,800

詳しくは NPO法人 雪浦あんばんねTEL:090-6291-5700(事務局・山田さん)

 

最後に、ゲストハウス森田屋オープンに向け

今後の展望や思いを朝子さんに伺いました。

 

「オープン後はこの番頭窓口に立って、

  森田屋を訪れる人と地元の人たちの“つなぎ役”になれたら

  と思います。ここに来る人たちみんなに、森田屋をまるで

  “自分の実家”のように思って欲しいですね。

 

気兼ねなくいろんな人が雪浦に集まることで、 

また新たな交流や化学反応が起こるかもしれません。 

『みんなの心の拠りどころ=実家』のような森田屋へ、

 完成オープンに乞うご期待! 

今年の「雪浦ウィーク」情報については・・・

地域情報サイト「ばりぐっど」もチェック! https://varygood.jp/archives/10199

ゆかりある方たちへのインタビューが紹介されています。



Related Post



LEAVE A COMMENT