【島瀬美術センター】させぼ競輪と初コラボ「銀輪にかけるアスリートの世界展~写真家中倉壮志朗が追うドラマ~」開催。

Home » 42長崎県 » 202佐世保市 » 【島瀬美術センター】させぼ競輪と初コラボ「銀輪にかけるアスリートの世界展~写真家中倉壮志朗が追うドラマ~」開催。
202佐世保市, 42長崎県 コメントはまだありません



更新日:2018年4月18日

このたび、佐世保市博物館島瀬美術センターにおいて、させぼ競輪と初コラボとなる「銀輪にかけるアスリートの世界展~写真家倉壮志朗が追うドラマ~」を開催する運びとなりました。

昨夏、ある広告がある新聞に掲載されました。レース直前のピンと張りつめた緊張感のある表情をとらえた写真。それが、させぼ競輪のレースを写真におさめた中倉壮志朗氏の作品でした。写真には、佐藤正午氏の「しみじみ、走りたい」というメッセージ記事。第157回直木賞を受賞されたこの小説家との広告は、ひときわ印象深いものでした。中倉氏の目には、これから試合に向かう選手たちのピュアな心持ちが写し出されているようでした。

そこで、今回、競輪をテーマとした中倉氏の作品を通して、そこに見えるアスリートの世界をご紹介する展覧会を企画しました。公立美術博物館で競輪を扱った展覧会は、日本初となります。ゴールデンウィークをはさみ、イベントも開催いたします。

本展では、中倉氏の作品のほか、選手たちのユニフォーム、ヘルメット、小物類やレース用の自転車も展示し、ファンにとってはたまらない内容となっています。この機会に、ぜひ足をお運びください。

ginrin

会期

平成30年4月25日(水曜日)~5月6日(日曜日)※火曜日は休館。

開館時間

10時~18時(入館は17時30分まで)

場所

佐世保市博物館島瀬美術センター(佐世保市島瀬町6-22)4階展示室

入場

無料

内容

  • 中倉壮志朗氏の写真作品(40点程度)…新作あり。
  • 選手たちのユニフォーム、ヘルメット、小物類(数点)
  • レース用自転車

1234

56

主催など

  • 主催世保市博物館島瀬美術センター
  • 協力中倉壮志朗事務所、日本競輪選手会長崎支部、させぼ競輪、西沢本店

イベント

月日

時間

内容

4月23日(月曜日)

15時頃~18時

メディア向け内覧会(入退館は自由)

4月25日(水曜日)

開幕

4月30日(月曜日・祝日)

14時~15時

中倉壮志朗ギャラリートーク

5月3日(木曜日・祝日)

14時~15時

選手&中倉壮志朗トークセッション&サイン会

5月4日(金曜日・祝日)

14時~15時

競輪自転車の乗車体験

5月5日(土曜日)

14時~15時

写真撮影会(どなたでも参加できます)

5月6日(日曜日)

14時~15時

クロッキー会(どなたでも参加できます)、閉幕

イベントの最新情報は順次、更新していきます。また、内容は予告なく変更する場合がございます。

中倉壮志朗氏プロフィール

1960年崎県佐世保市に生まれる

1990年京都中央区にて中倉壮志朗写真事務所設立

1997年東京都港区ホカリファインアートギャラリーにて個展<WATERMARK>開催

2001年長崎県佐世保市に移転

2006年崎県内の教会、ミサなど祈りの撮影を開始

2007年平戸市役所、佐世保市Y.BRoadにて個展<平戸宝亀教会>開催

2008年福岡市キャノンギャラリー福岡にて個展<殉教者の末裔たち>開催

2009年佐世保市アルカス佐世保にて個展<殉教者の末裔たち2>ほか展覧会多数開催

2010年長崎市KTNギャラリーにて個展<Bhutanあわせの風の民>開催

2011年アルカス佐世保にて個展<Bhutanしあわせの風の民>開催

2012年岡山県海外文化交流会にて<Bhutanしあわせの風の民>講演、写真展開催

2017年佐世保市博物館島瀬美術センターにて<日本遺産「鎮守府」×写真家中倉壮志朗>開催

関連リンク

中倉壮志朗フェイスブック

日本競輪選手会

させぼ競輪公式ホームページ

西沢本店



Related Post



LEAVE A COMMENT