小中学校におけるブロック塀等の点検結果について(速報)

Home » 42長崎県 » 214南島原市 » 小中学校におけるブロック塀等の点検結果について(速報)
214南島原市, 42長崎県 コメントはまだありません



 平成30年6月18日、大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生し、小学校のプールのブロック塀の倒壊によって、通学途中の小学4年生の児童が死亡するとういう大変痛ましい事故が発生しました。
 これを受け、市内の公立幼稚園・小中学校の敷地内にあるブロック塀等のこれまでの点検結果について下記のとおり報告します。

                                                               記

1.点検構造物

   学校敷地内にあるコンクリートブロック造りの塀等

2.点検方法

   調査構造物を実測するとともに、目視により状況を確認しました。

3.判断基準

   建築基準法の主な規定は、次のとおりです。

   〈補強コンクリートブロック塀〉

    ・塀の高さは、2.2m以下

    ・塀の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀にあっては10cm)以上

    ・塀の高さが1.2mを超えるものは、控え壁が必要

   〈組積造の塀〉

    ・高さは、1.2m以下

4.点検結果

   ブロック塀等の総数                  32箇所(18校)

    (1)建築基準法施行令の規定に適合しないもの    13箇所( 9校)

    (2)著しいひび割れ、破損又は傾斜が生じているもの   4箇所( 3校)

   ※公立幼稚園にはブロック塀等はなし。

5.安全対策

   建設基準法の規定を満たさないブロック塀等については、学校関係者への周知、

   児童生徒が近づかないように指導しております。

   今後は、速やかに撤去や改修等の適切な対策を図ってまいります。



Related Post



LEAVE A COMMENT