新庁舎建設工事起工式が行われました

Home » 44大分県 » 2119宇佐市 » 新庁舎建設工事起工式が行われました
2119宇佐市, 44大分県 コメントはまだありません



 

新庁舎建設工事起工式

 平成30年2月9日(金)、新庁舎建設地にて、施工者の主催により「宇佐市新庁舎建設工事起工式」が行われました。
 起工式には、市議会議員、県議会議員、地域関係者、設計者、施工者など約70人が出席し、工事の安全成就を祈願いたしました。

起工式全景 神事の様子 地鎮之儀(1)

起工式全景

神事の様子(1)

神事の様子(2)(刈初之儀)

地鎮之儀(2) 地鎮之儀(3) 市長あいさつ

神事の様子(3)(鍬入之儀)

神事の様子(4)(杭打之儀)

市長(発注者)あいさつ

 

2月上旬から庁舎敷地北側の出入り口が使用できなくなります

 1月5日から準備を進めてきました新庁舎建設工事は、2月上旬から本格的に着工となります。
 工事期間中も市役所は現在の庁舎で業務を続けますが、今回の工事に伴い2月5日から庁舎敷地北側(新別館裏側)の出入り口が使用できなくなります。市役所へお越しの際は庁舎敷地南側(正面玄関側)をご利用ください。来庁者の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
庁舎進入口変更に関して

新庁舎建設工事の施工者が決定しました

 平成29年11月、新庁舎建設工事の入札が行われ落札者が決定しました。その後、平成29年12月第6回宇佐市議会の議決を経て、平成30年1月4日付で次の3工事について請負契約を締結いたしました。

施工者

工事名

施工者

代表構成員

構成員

契約額(消費税込)
新庁舎建設建築主体工事 戸田建設・末宗建設特定建設工事共同企業体 戸田建設株式会社九州支店 末宗建設株式会社

2,895,696,000円

新庁舎建設機械設備工事 三建・森田特定建設工事共同企業体 三建設備工業株式会社九州支店 森田建設株式会社

1,023,840,000円

新庁舎建設電気設備工事 九電工・大晃通信建設特定建設工事共同企業体 株式会社九電工大分支店 大晃通信建設株式会社

  840,780,000円

工期

平成30年1月5日から平成31年10月26日

建物概要

建設地 宇佐市大字上田1030番地の1 他
敷地面積 23,410.18平方メートル(現本庁舎敷地+現教育委員会棟敷地)
建築面積 3,600.79平方メートル
延床面積 12,257.44平方メートル
階層 地上5階建て(5階電気室フロア)
構造 鉄筋コンクリート造+一部鉄骨造(基礎免震構造)
最高高さ 21.15 メートル

Related Post





LEAVE A COMMENT