特殊詐欺被害防止を目的としたATM見守り隊が発足

Home » 44大分県 » 2089竹田市 » 特殊詐欺被害防止を目的としたATM見守り隊が発足
2089竹田市, 44大分県 コメントはまだありません



写真ニュース詳細

2018年02月15日

特殊詐欺被害防止を目的としたATM見守り隊が発足

 今年最初の年金支給日の2月15日、特殊詐欺被害防止を目的としたATM(現金自動預け払い機)見守り隊が発足し、竹田警察署で「平成30年活動開始式」が行われました。

 オレオレ詐欺や還付金詐欺など、面識がない人に電話等を使って現金をだまし取る特殊詐欺。竹田署管内では昨年、この詐欺による被害件数が5件、被害額は約900万円にのぼり、前年より約130万円増加しています。その被害の内容は融資保証金や架空請求詐欺によるものです。

 この日は竹田警察署の署員や竹田市防犯パトロール隊の隊員など約50人が参加。竹田警察署の川野大介署長が「ATMの見守り活動を通じて、地域の安全安心を守っていただきたい」とあいさつ。隊を代表して倉野脩生さんが「ATMの警戒を通じて、竹田市から特殊詐欺被害をなくす活動を続けていきます」と決意表明をしました。

 隊員たちは市内のATMが設置されている場所で、利用者に啓発ティッシュを配布し、警戒活動を行いました。

↑ 竹田警察署で行われた発隊式

↑ 式には竹田警察署の署員や竹田市防犯パトロール隊の隊員など約50人が参加。

↑ 隊を代表して倉野脩生さんが「竹田市から特殊詐欺被害をなくす活動を続けていきます」と決意表明

↑ 隊員の皆さんはATMが設置されている場所で警戒活動を実施しました

Related Post



LEAVE A COMMENT