全国から注目される久住校へ~三重総合高校久住校の研修施設・学生寮 …

Home » 44大分県 » 2089竹田市 » 全国から注目される久住校へ~三重総合高校久住校の研修施設・学生寮 …
2089竹田市, 44大分県 コメントはまだありません



写真ニュース詳細

2018年04月13日

全国から注目される久住校へ〜三重総合高校久住校の研修施設・学生寮安全祈願祭

 413日、竹田市久住町の大分県立三重総合高等学校久住校(中野弘幸校長)で、研修施設と学生寮の安全祈願祭が行われました。

 関係者約60人が出席。神事では、工藤利明県教育長が「研修施設は、農業学科のある県内9校の生徒が一緒に学べる場として期待が高まる。また久住校の単独校化、生徒の全国公募に向けても検討を重ねたい」、首藤市長は「地元の長年の思いが結実した。全国に通用する農業校として、農業後継者を育てる基盤が整う」とあいさつ。

 平成30年度中の完成を目指して工事が進められる研修施設と学生寮。研修施設は鉄筋コンクリート造2階建で、延べ床面積は約1173平方メートル。研修室や食品開発室、食堂などが整備されます。また学生寮は鉄筋コンクリート造3階建で、延べ床面積は約1325平方メートル。全室2人部屋で41室(男子29室、女子12室)を整備。延べ82人を収容できます。

 久住校の単独校化やカリキュラムの充実など、県教育委員会に対して要望活動を行ってきた「久住校を育てる市民の会」の会員で、同校の同窓会長の山坂勇さんは「久住校のブランド化に向け夢が膨らむ。同校で学んだ生徒の移住定住や農業振興を含めた施策に取り組み、竹田市の農業を担う後継者が増えることを願っている」と期待を寄せていました。

↑ 工事の安全を祈願して鎌を入れる工藤利明県教育長(左)と首藤市長

Related Post



LEAVE A COMMENT