乾椎茸の品質向上を目指して~「第10回竹田市乾椎茸品評会」表彰式

Home » 44大分県 » 2089竹田市 » 乾椎茸の品質向上を目指して~「第10回竹田市乾椎茸品評会」表彰式
2089竹田市, 44大分県 コメントはまだありません



写真ニュース詳細

2018年04月18日

乾椎茸の品質向上を目指して〜「第10回竹田市乾椎茸品評会」表彰式

 品質日本一の「かぼす」、生産量日本一の「サフラン」、原木乾ししいたけ生産量日本一の「しいたけ」、この3つの農産物から竹田市の農業をPRしようと、「日本一ブランド戦略プロジェクト」を推進している竹田市。

 乾ししいたけの品質と生産性、また生産者の経営向上を図ろうと、4月18日、「第10回竹田市乾椎茸品評会」の表彰式が竹田市総合社会福祉センターで行われました。

「800グラムの部」に105点、「400グラムの部」に54点の出品があり、冬期の低温と少雨、春先の急激な気温の上昇で、出品数はやや減少しましたが、乾椎茸の品質向上を目指す生産者の熱意が感じられました。

 生産量が日本一、品質も高く評価されている竹田市の乾ししいたけ。5月に行われる県品評会、7月に開催される全国品評会での上位入賞が期待されます。

 主な結果は次のとおりです。(敬称略)

 ●品評会の部 最優秀賞

  800グラムの部 【天白冬?】 後藤英二(竹田1)

          【茶花冬?】 堀 恭博(竹田1)

          【上冬?】  大塚信一(直入)

          【香 ?】  後藤英二(竹田1)

          【香 信】  吉田涼子(竹田3)

  400グラムの部 【冬 ?】  堀 恭博(竹田1)

          【香 ?】  大塚シゲ子(直入)

          【香 信】  工藤厚己(直入)

 ●団体の部 第1位 竹田3分会

 ●ほだ場コンクールの部 最優秀賞 岩下拓司(直入)

↑ 県及び全国品評会での上位入賞が期待されます

Related Post



LEAVE A COMMENT