「土地改良施設愛護月間」に合わせ、施設の草刈り作業等の愛護活動を …

Home » 44大分県 » 2089竹田市 » 「土地改良施設愛護月間」に合わせ、施設の草刈り作業等の愛護活動を …
2089竹田市, 44大分県 コメントはまだありません



写真ニュース詳細

2018年07月11日

「土地改良施設愛護月間」に合わせ、施設の草刈り作業等の愛護活動を実施しました

 農地や農業用水路などの土地改良施設の継続的な維持保全を図るとともに、施設の重要性や農業農村の持つ多面的機能について広く知ってもらおうと、大分県では7月10日から1か月間を「土地改良施設愛護月間」に定め、施設の清掃や草刈り作業等の愛護活動を実施しています。

 竹田市でも7月11日、明治岡本幹線水路の愛護活動が行われ、竹田市土地改良区や県及び市、建設業等からのボランティアなど約60人が参加しました。明治43年に着工、大正5年に完成した明治岡本幹線水路は総延長約150キロ、受益面積は105ヘクタール。稲葉川から取水し、濁渕川と笹無田川流域の明治地区、岡本地区の田畑を潤しています。

 開会行事では、藤原隆司豊肥振興局長、田部和良竹田市土地改良区理事長が「暑い中での作業。安全第一で作業を行ってください」とあいさつ。参加者らは3か所に分かれ、約650メートルの範囲の水路及び管理道路の草刈りやゴミ拾いを実施。竹田市下坂田の作業場所では、参加者は幅、高さ約2メートルの水路の斜面やその周囲の草を刈っていました。

↑ 竹田市文化財管理センターグラウンドで行われた開会行事

↑ 農業用水路などの草刈り作業を行う参加者

Related Post



LEAVE A COMMENT